一昔前まで結婚は女性にとって永久就職であり、結婚したら仕事を辞めて専業主婦になるのが主流でした。
もちろん現在でも寿退社をする女性はたくさんいますが、子供がある程度育ったら復職したりパートなどに働きに出る人たちが増えてきています。



また結婚後に「働きたい」という女性の意見は、既婚男性の「妻に働いてほしい」という声を大幅に上回っており、時代の流れとともに専業主婦を選ぶ人は少なくなってきています。


Fotolia_42861170_XS.jpg


結婚すると家事や子育てなど今まで以上にやることも増えてきますので、仕事と家庭を両立するのはそう簡単ではありませんが、結婚後も仕事をするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

結婚後も仕事を続けていると、夫婦間で精神的に対等な立場になることができます。

自分が働いて収入がない場合にはパートナーの収入に頼ることになりますので、普段は気にしなくても喧嘩などの衝突が起こったときには嫌でも経済力のことが問題になります。


自分の自由になるお金がないという面では同じかもしれませんが、相手の稼いだお金で生活している以上頭が上がらないこともあるでしょうし色々な面で窮屈な思いをしてしまいます。

Fotolia_47499604_XS.jpg



しかし結婚後にも仕事をしていれば自分にも収入源があるわけですから路頭に迷ううこともなく、生活費がないから離婚できないといったケースを逃れることもできます。

また働きに出ることで夫婦間でそれぞれのコミュニティを持つことができますので、話題性が生まれたりリフレッシュする場ができるなどの副次効果も期待できます。


人にもよりますが、専業主婦だと外に出ること自体が減りますので色々調べたり、きれいにしておくという気持ちが薄れがちになり一気に老けてしまう人もいるようです。

Fotolia_45245186_XS.jpg


仕事をしていないとオン・オフがないために体型やメイクなど見た目を気にしなくなり、たるんだおなかや所帯じみたファッションになりがちですが、


仕事を続けていると家庭とのメリハリが出ますので歳を取っても若々しくいることができるといいます。