独身時代と結婚をした後では仕事選びが大幅に異なります。

独身時代であれば年収ややりがいなど自分の希望を第一に探すことができますが、結婚後となると夕食の支度や家事などがありますので、家庭の時間を確保できる仕事選びになるでしょう。

Fotolia_43111139_XS.jpg

そこで重要となってくるのが「職場に同じ環境の女性が多いかどうか」と言えます。周囲に結婚や出産経験のある女性が多いとそれだけで話をしやすいですし、職場側も働くママに慣れているため子供が急に熱を出してしまって早退する場合でも快諾してくれることもあるといいます。


似たような背景を持っていれば自分の状況や子育ての相談もできますから、家事や育児などのストレス発散にもなるでしょう。

女性の多い職場といえば化粧品や下着関係などの職場であり、子育て中のママや育児休暇を終えて復職した人たちがたくさん働いています。

職場は専用のショップや百貨店、スーパーなどでお客様と対面しながら接客をしたり商品を紹介したりしますが、化粧品関係のお店によってはメイクアップを直接施す場合もありますので、接客好きやメイク好きな女性が歓迎されます。

iStock_000019367447XSmall.jpg

下着関係のお店ではフィッティングがあるために下着のサイズや専門用語を覚える必要がありますが、一旦覚えてしまえれば後はそう難しいことはありません。


化粧品や下着関係など女性の多い仕事では職場全体で結婚後の女性の働き方について理解がありますので、
家庭に負担をかけることなく働くことが可能となっています。

またこれらの仕事はシフト制のところがほとんどですので、家庭の用事で仕事に入れないときには事前報告で休むこともできます。

販売店では一日通しで働いている女性は少なく、朝〜夕方まで、お昼から夕方6時までなど短い時間で区切られていますので小さな子供がいても働きやすいでしょう。


化粧品や下着関係などの仕事の給与は決して高いとはいえませんが、場所によっては週2日で1日3時間〜勤務可能なところもありますので空いた時間を有効に活用できるとして人気のある仕事です。