主婦向けの短期の仕事として塾の事務バイトを選ぶ人が結構います。子供を扱う仕事なので、子育てとの両立がしやすいというのが主な理由。

自分の勉強にもなるから!という方も多いです。

塾のアルバイトのうち、講師職の他に、事務スタッフを募集しているのが普通です。事務バイトの仕事内容については、主に生徒指導の補助を行う、いわゆる教務事務があります。

018489.jpg


加えて、塾の運営および教室の運営に関する業務、教室事務の2種類に分かれます。これは明確に分類されているわけではなく、塾によってはこれらを兼務することもよくあります。

また、より細かい作業に特化した事務の仕事もあります。例えば、「塾講師のアルバイトに興味があるが、いきなり授業をするのは気が引ける」といった方が、塾の雰囲気を知る意味で働く場合があります。

そのほか、教育に関わる仕事がしたいと考える人が、経験などが問われない事務の仕事を選ぶことが多いようです。

教務事務については、授業を円滑に進めるために、教材の準備、お知らせのプリント作成・準備・配布、試験監督、テストの採点などといった仕事があります。

講師のアシスタントと考えるとわかりやすいでしょう。また、生徒への学習アドバイス、進路指導、イベントの手伝いなど、学校で言うところの「副担任」的な仕事もあります。

Fotolia_48423804_XS.jpg


この場合、生徒と接点を持つことができ、生徒の成績や進路にも関わってくるので、講師職へ憧れている方や、教育に興味がある方は、おすすめの仕事になります。

教室事務については、学校の事務員をイメージするといいでしょう。講師の給料計算、塾への問い合わせなどの電話対応、見学希望の方の案内などです。