在宅のアルバイトが人気になってきています。自宅で仕事ができるので、例えば小さな子供のいる方でも気軽に始められます。

在宅のアルバイトにはいろいろな種類のものがあります。その中でも比較的誰でも簡単にできるバイトの中に、テキスト入力があります。

テキスト入力のバイトとは簡単に言ってしまうと、パソコンを使って文字入力をするバイトです。ワードやエクセル、テキストエディタを使って仕事をするのが一般的です。

008.jpg


まずクライアントからいろいろな資料が送られてきます。その資料に書かれている内容を、そのまま文字入力するだけです。

入力する資料の対象は、多種多様です。会社の社報に掲載する原稿の場合もあれば、雑誌の原稿が来ることもあります。その他には、学校の卒業文集を入力する仕事が募集されていることもあります。

中には、試験問題の文字おこしをして欲しいという案件が持ち込まれることもあります。

296.jpg


バイトをする時に、やはりどれくらいの給料がもらえるのか気になる人は多いでしょう。文字入力のバイトの場合、1文字いくらという条件で募集されていることが多いです。

案件によって変わってきますが、現在のところ相場は、1文字0.3〜0.4円といったところで募集されているケースが多いようです。5〜6年前までは、0.5円以上の案件も結構あったようです。

不景気の影響がこのような所にも出ているのかもしれません。パソコンさえ扱える人であれば、誰でもできる仕事です。

a0001_012467.jpg

テキスト入力の仕事は、資料を渡されますので、それをパソコンに入力する仕事になります。パソコンのキーボードが打てる人であれば、誰でもできる仕事です。テキスト入力の給料は、文字当たりいくらという条件で募集されていることが多いです。

繰り返すようですが、現在のところ0.2円くらい、高い所でも0.4円程度の条件で募集しているのがせいぜいといった所です。このシステムで考えると、できるだけ多く文字を打てば打つほどより多くの報酬がもらえる計算になります。

そしてもう一つ、早くキーを打つことができればできるほど時給もアップするということになります。現在の所、このようなデータ入力のアルバイトの平均時給は残念ながら、通常のバイトと比較すると少なめの傾向があります。

N112_uewomukujyosei500-thumb-750x500-2305.jpg


例えば、1文字0.2円の条件で仕事をして、1時間に3000文字打てたとします。そうすると、平均時給は600円ということになります。800〜900円で募集されている案件がバイトでは多いので、給料は安いことになります。

しかし経験を積めば積むほど、よりスピーディにキーボードを打てるように上達します。プロのキーパンチャーになってくると、1時間で7000文字前後が打てる人もいるようです。

もし上の0.2円の計算で行くと、時給で1,400円を稼ぐことも可能になります。これだと、アルバイトどころかちょっとした派遣社員の給料よりも条件が良くなります。最初の内はお金にならなくても、続けることで報酬アップは見込めるわけです。

a0001_014259.jpg

テキスト入力のアルバイトの始め方は、まず仕事を発注してくれる所を見つけることです。テキスト入力のアルバイトの発注を行っている所を見てみると、印刷関係の会社で募集していることが多いです。

そこで印刷会社のホームページなどにアクセスしてみて、募集していないかどうか確認してみましょう。このとき有名な印刷会社ではなく、街の小さな印刷業の方が採用されやすい傾向があります。

入力のアルバイトは、パソコン1台あれば、個人で始められます。このような小規模の事業のことを、SOHOといいます。SOHOの仕事情報を提供しているサイトが、いくつかあります。

a0001_008074.jpg

アルバイトの始め方として、SOHOサイトを活用する方法もあります。入力のアルバイト情報は大きなSOHOサイトになると、多数募集されていることも多いです。ここで応募をしていれば、いろいろな仕事を受注できる可能性が高いです。

テキストの入力をするアルバイトは、悪徳商法をしている業者もありますので注意しないといけません。例えば「勉強をしてバイトで稼ごう」と言ってくる、内職商法があります。まず仕事をするためには、CD-ROMなどを見て勉強しないといけません。

そのための授業料として、数十万円を支払わないといけません。その上で勉強をしていざ仕事をということになっても、なかなか仕事は回ってきません。

その結果、お金をとられるだけ取られて、だまされたことに気付くケースがあります。仕事をするために先に料金請求してくるところは、まず悪徳業者と思って下さい。