雑誌のインタビューの写真を見たり、内容を読んだりしたことはないでしょうか?インタビューしているデスクのところに、録音機能のあるデバイスが置かれているのを見たことがある人もいるかもしれませんね?

その場で相手の言っていることをすべて書きとめることは難しいので、いったん話をそうしたデバイスに録音して、後でそれを文字にする作業を行うことで、インタビュー記事が出来上がります。この作業のことをテープ起こしと言います。



このアルバイトにはいくつかの種類があります。まずは、テープの内容をそのまま文字に起こすものです。また、皆さんもそうでしょうが、会話の中に「えっと」とか「う〜ん」といった言葉が入ってくることがあるはずです。

このようなインタビューの本線とは直接関係のない部分は省いていき、全体を整えていきます。その他には、いったん会話の内容をすべて聞きます。その上で、要約したものを文章として残す方法もあります。そのため後者の場合は要約する力を求められます。

先に紹介したインタビューのほかにも、会議の模様を録音し、あとで会議の議事録を作成するときにテープを聞いて文章にすることもあります。また、講演を録音してその内容を文章にするような作業もあります。

基本的には聞いたことをそのまま文章に打てば良いので初心者でもできますが、この仕事には当たり外れがあるようで、滑舌の悪い人の場合、なかなか聞き取れないので時間がかかってしまうケースもあるようです。


テープ起こしのアルバイトですが、どれくらいの報酬を得ることができるのでしょうか?

毎月の平均収入を見てみると、かなりの個人差があるようです。中には月に1万円程度しか稼げないような人もいます。最初のうちはなかなか作業がはかどらないでしょうから、大きなお金を稼ぐことは難しいでしょう。

しかし何度も仕事をこなしていくことによって、仕事のコツがマスターできます。そうすれば、徐々に収入もアップしてくるはずです。

はじめのうちは収入が少なくても諦めないことです。2年くらいテープリライターの仕事をしている主婦の人たちを見てみると、月額で4〜5万円程度の平均収入を目標にしているケースが多いようです。

また、安定した収入を得ているテープリライターの人もいます。そのような人の中には、毎月10万円以上の報酬をコンスタントに稼げている人もいます。

このような人を見てみると、良質の商品を納品していることが多いです。クライアントからの信頼も厚く、より多くの仕事を回してもらえます。その結果、収入がアップするわけです。

トップクラスになると、月額50万円程度の収入を得るような人もいるといいます。

Fotolia_38883962_XS.jpg


雑誌のインタビューの写真を見たり、内容を読んだりしたことはないでしょうか?インタビューしているデスクのところに、録音機能のあるデバイスが置かれているのを見たことがある人もいるかもしれませんね?

その場で相手の言っていることをすべて書きとめることは難しいので、いったん話をそうしたデバイスに録音して、後でそれを文字にする作業を行うことで、インタビュー記事が出来上がります。