在宅ワークの募集も、いろいろと出ています。その中でもかなり多く募集されている案件の中の一つに、スマホを使ったウェブライターがあります。

副業ウェブライターとは、インターネットのサイトで掲載する文章を作成するバイトを指します。通常ライターといえば、雑誌や書籍に掲載する文章を作成します。一方ウェブライターとは、ネット広告の文章やニュースサイトの記事など、ウェブコンテンツの作成がメインになります。

Fotolia_55911193_XS.jpg


フリーランスとして本業にするのは、決して簡単なことではありません。しかし大企業や有名なポータルサイトの中には、ウェブライティングをしてくれる専任のスタッフを募集していることもあります。インターネットは今や、私たちの生活に欠かせないツールになってきています。その中で、副業のスマフォウェブライターが人気職種の中の一つとして注目されはじめています

ウェブライターは文章を生業としている職業なので、文章作成能力が求められます。その上で、SEOも頭の中に入れて文章作成する必要があります。

皆さんもネット検索をすると思いますが、このとき検索結果の上位に持ってくるテクニックをSEOといいます。順位が上になれば、アクセス数も多くなります。

いかにしてよりアクセスが集められるような文章を作成するかが、ライターには要求されています。キーワードとしてどのような言葉をチョイスするのか、そのキーワードがどれくらいの頻度でサイトの中に登場してくるか、そのバランスを考えながら文章作成する必要があります。

00013292_72B.jpg

ウェブライターの報酬のシステムは、1文字当たりいくらと決められることが多いです。安い案件であれば、1文字0.2円程度の案件もあります。

しかし実績を積んで人気のライターになれば、例えば1文字2円程度の案件が回ってくることもあります。中には、400文字の文章を作成するのに5,000円の報酬をもらっているようなライターの方もいます。このため、頑張れば頑張るほど、より良い報酬になります。やりがいのある職業と言えます。

たいていの案件で、何文字で文章作成をして欲しいと指示が出ます。個人や書く内容によって、どれくらいのペースで記事がかけるかが変わってきます。

このため、収入は個別の案件によりけりです。一般的な平均収入として、例えば400文字の文章を作成する場合に10分くらいで完了する傾向があります。

もし1文字0.6円の案件だった場合、一つの記事が完成すれば、240円の支払いを受けられます。また10分で一つの記事が完成するということは、1時間で6つの文章を作成できる計算になります
Fotolia_51065660_XS.jpg


ということは、上で紹介した仕事であれば、平均収入は時給で1,440円となります。ほかのアルバイトと比較しても悪くない条件ではないでしょうか?

ウェブライターのいい所は、仕事をするためのコストがあまりかからない点です。

パソコン1台とインターネットに接続できる環境があれば、誰でも気軽に始めら安全です。特に資格なども必要ないので、文章が好きな人は始めてみるのもいいのではありませんか?