犬の散歩をする仕事というといわゆるペットシッターの業務の1つですが、ペットシッターは犬の散歩だけではなくペットの世話全般をこなす仕事です。
ここではペットシッターではなく、犬の散歩だけを代行するバイトについて紹介していきます。これも子育て中にできる手軽な仕事の一つです。

業務内容ですが当然犬の散歩が仕事です。
飼い主から依頼を受け、飼い主の代わりに散歩に連れていってあげることになります。

コースや散歩の時間は自分で選ぶというよりは飼い主から指示された通りに行うのが基本で、一匹ではなく複数の犬を同時に散歩させてあげることもあります。

特に犬の散歩を依頼する飼い主は複数の犬を飼っていて散歩が大変という方が多いのでこうしたケースは少なくありません。


a1180_016604.jpg

散歩の時間は1時間くらいが平均的な時間になるでしょうか。
また、飼い主によっては散歩以外のこともしてほしいと頼んでくることがあります。
こうなるとペットシッターのように餌をあげたり遊んであげたりといった業務も担当することになります。


こうした依頼を受けるかどうかはバイト先によって対応が決まっているはずですのでそれに従いましょう。
ペットが元気でいることを証明するため携帯電話で写真を撮り飼い主に送ることも業務内容の1つです。

収入ですが、1回の散歩で1,500円から3,000円くらいが相場とされています。
1回の散歩が1時間だとするとかなり高収入な副業バイトだと言えるでしょう。

依頼がひっきりなしにくるような状況になれば1日でかなりの額を稼ぐことも可能で、動物が好きな方はもちろんですが、副業バイトでしっかりと稼ぎたいという方にもおすすめの仕事です。

特に小型犬の場合は散歩をするだけですので力もいらず、女性なら誰でもすぐにできますし、特別な知識が求められることもありません。

それでいて好待遇が期待できる仕事になっていますので、副業バイトとしての人気は非常に高くなっています。

その意味では求人を見つけ、働くまでが大変かもしれませんし、競争が激しいのでいかにしてペットシッターの仕事を確保するか、これが大きなポイントになってくるでしょう。
 カテゴリ
 タグ