おそらく子育て初期で近くに幼稚園や保育園が見つかれば良いのですが、東京、大阪、名古屋、福岡の都心部では
どうしても近くに子供を預かってくれる施設が不足しており、時短勤務と在宅ワークを組み合わせて稼ぐ必要があるのではないでしょうか?

我が家も、世帯年収の壁から近くの幼稚園の抽選に漏れてしまい、やむなく奥さんには時短勤務をしてもらいながら子育てを手伝ってもらっています。

区役所サービスのベビーシッターを雇うことも考えましたがはじめの一か月は補助金が出て1時間1000円ですが、その後は1時間3000円〜4000円かかってしまい、そうなると彼女の給料では元がとれません。

そんな状況でも在宅である程度まとまった金額を稼げる仕事は「アフィリエイト」です。これはブログやホームページを自分で作り、そこに広告載せて、掲載費の一部を頂くという仕事です。

はじめは覚えることが多く結構大変なのですが、慣れてしまえばそこまで難しいものではありません。時短勤務なら朝の10時〜5時ぐらい帰宅できるので、その後の隙間時間を活かしてパソコンでホームページを作ります

af0150004801.jpg


実際に子育てママブログを作ってもらい、頑張って一年間運営してもらった結果が下記のとおり。


谷口さん 結果.png


一度きちんとした形でホームページを作ってしまえば、放置しておいても一定の広告手数料が振り込まれてくるのでまるで不動産のように感じると思います。


今回サンプルモニターさんとして参加してもらった彼女は名古屋で翻訳の仕事をしている方ですが、結婚後の子育てが大変ということで時短勤務と在宅を選択してもらい、このように月収30万という目標を1年で達成してもらいました。

結果報酬の仕事なので早めにスタートすることが大切


ただ、この仕事のデメリットは結果報酬であるということです、普通の仕事違ってやればやるだけお金がもらええるわけではなく、結果にあわせてどんどん賃金が上昇するようになってきます。

ですので、やったからと言っても必ずお金がもらえるわけではない。そこが一番の課題だと思います。今回のサンプルモニターさんのように、外資系、実力主義の仕事を一度でも経験しているのであれば、成果報酬は納得いくと思いますが、そうではなくパートやアルバイトしかやったことがない方には辛いかもしれません。

ただ、帰宅後の数時間で月収30万〜50万というのはそんなに甘い話ではなく、きちんとした努力が必要であることは間違いのないことです。

この仕事にはリスクはほとんどないので、スキルを身に着ける時間とセンスが勝敗を分けます!もし時短勤務でこの在宅の仕事をやってみたい方が他にもいらっしゃったら期間限定でまたサンプルモニターさんに参加してもらいたいと思います。


コチラをよく読んで納得してくださった方のみです


甘い気持ちではなく、今の現状を変えてみたいという方だけを募集します。