北海道に住んでいる、子供が二人いる主婦です。このアルバイトは下の子供が、まだ生後半年の時に、上の子供が幼稚園の時に始めたのがきっかけです。主人が帰宅してから、働くことができるこの仕事は、私にとって非常に好都合の働き場所だったのです。


私は子育てをしながらパチンコ店での閉店後に行う、清掃のアルバイトを今現在もしています。

2017-09-16_11h23_23.png

パチンコ清掃バイトの内容とは?



仕事内容は、パチンコ店での店内清掃が主な清掃範囲で、パチンコ台やスロット台や灰皿、空き缶やゴミの回収、入口や出口などのドアやエレベーター内やトイレなど、あらゆるところを掃除していきます。

作業は、その日誰がどこをやるのか、事前に振り分けられており、自分のやる場所を決められた時間内に綺麗にしていきます。

パチンコ台清掃の場合には、ドル箱をまずは拭いていき、台においてあるタバコの空箱やジュースの缶など、ゴミを撤去していきます。

その後、パチンコ台の一台一台に設置されている灰皿を清掃していきます。そして、パチンコ台をタオルで綺麗に拭いていくのです。

このときに、水分が多いタオルで拭いてしまうと、水垢が残ってしまい、逆に水分が多すぎてしまうと手垢や指紋が取れずに残ってしまうので、注意が必要になってきます。

その後は、椅子を拭いていき、床をモップと水モップしていきます。

水モップが終われば、取り切れなかった小さなゴミやホコリをチリトリとホウキで丁寧にとっていきます。

この作業は、パチンコ台80台を自分一人で行っていくため、モタモタしていると、時間内に作業が終わらないので速さとスピードが求められます。

作業時間は、1時間半となっていて、短い時間内に大急ぎで作業を進めていく感じです。

ゴミ回収や入口、出口などの清掃では、つばや痰などを吐きかけて帰る人もいるので、そういったことも気を付けながらの作業になります。

また、トイレではおしっこが床にされていたり、つばや痰が壁に飛ばされていることなどもあるため、夏場は臭いもきつく、マスクと手袋がかかせない作業場になります。

その他には、店内の掲示物を拭いたり、入口のマットレスを掃除機をかけたりなど、次の日にお客様が気持ちよく来店できるように、店内をピカピカにしていきます。

手垢や床の泥汚れなど、特に目立ち、不潔な印象を与えてしまうため、鏡など目立つ場所は特に注意をしての作業をしています。

2017-09-16_11h23_52.png

パチンコの清掃バイトは子供を寝かした後から仕事ができる




この仕事の最大のメリットは、時間帯にあります。

パチンコ店の閉店作業の清掃ということで、10時40分から12時15分までの作業時間で働いています。

パチンコ店によって、多少時間や作業内容は変わってくるものの、基本的にパチンコ台やスロット台の台清掃、灰皿清掃や床清掃、ゴミや灰皿の回収などは同じだと思います。

この時間帯での勤務なので、昼間のお仕事をして、夜はこちらで働くという掛け持ちをしている人も多くいました。

私は、働き始めた時には、まだ子供が生まれて半年で、預けて働く場所もなかったため、主人が帰宅してから働くことができるこちらでのお仕事を始めました。この時間ですと子供が寝た後にでも仕事ができるので、子育て中の私にはぴったりでした。

はじめてみて、作業時間ぎりぎりにやってくる人が多いこと、作業が終わったらすぐに皆帰宅することなど、人間関係に悩む心配もなく、決められた仕事を決められた時間内で終わらせるこの仕事をとても気に入り、昼間のパートが決まった後も掛け持ちして、今も副業として働いています。

ただ、閉店後の作業ということで、お盆やお正月など、パチンコ店が延長営業を行う時には、作業が終わるのが2時を過ぎてしまうため、昼間の仕事をしていると次の日に朝起きるのが非常につらいです。

また、交通費なども支給されないため、勤務地が自宅から遠いと短い作業時間のために出勤するのがおっくうに感じてしまう人も多いようです。

私は、勤務地から自宅まで近く、自転車で行ける距離だったので助かりました。

給与面では、19日出勤して、3万円ちょっとのお金になるので、沢山出勤している割にお金が少ないという印象をはじめての給与の時には感じました。

もう少し勤務時間が長く、時給を上げてもらえると助かるのになとは思います。

しかし、人間関係の心配もなく、夜空いた時間に働くことができるので、掛け持ちする人にはぴったりだと思います。

想像以上に短い時間で、いろいろ動き回る作業になるので、体力を使うためダイエットをしたい人にもおすすめの職場になっています。

さらに詳しく稼げる掛け持ち副業はコチラにまとめてあります。良かったら参考にしてくださいね!
 カテゴリ
 タグ